第15回 京都大学人文科学研究所TOKYO漢籍SEMINAR『漢字と情報』定員に達しました。

2020年3月16日(月)10時30分-16時、一橋大学一橋講堂中会議場にて、第15回 京都大学人文科学研究所TOKYO漢籍SEMINAR『漢字と情報』が開催されます。

第15回京都大学人文科学研究所TOKYO漢籍SEMINAR『漢字と情報』

日時

2020年3月16日(月)10:30-16:00

会場

一橋大学 一橋講堂中会議場(東京都千代田区一ツ橋2-1-2学術総合センター内)

プログラム

10:30~10:45 開会挨拶 稲葉 穣(東アジア人文情報学研究センター長)
10:45~12:00 講演「漢字の字符──戎肆庵読裘記之一──」 浅原達郎(人文科学研究所教授)
12:00~13:10 休憩
13:10~14:25 講演「漢字の知識表現──字書と用例とコンピューターと──」 守岡知彦(京都大学人文科学研究所助教)
14:25~14:40 休憩
14:40~15:55 講演「AIによる漢文の文法解析」 安岡孝一(京都大学人文科学研究所教授)
15:55~16:00 閉会挨拶

司会:永田知之(人文科学研究所准教授)
※講演時間には質疑応答時間を含みます。

今回の概要

東アジアにおける漢籍文化の根底を支えているのは、漢字という文字の存在です。漢字が集まることで漢語となり、漢語が集まることで漢文となり、漢文が集まることで漢籍となるのです。では、漢籍は、単なる漢字の集まりなのでしょうか。いいえ、そうではありません。漢字の集まり方や、漢語の並び方には、それぞれ意味があるのです。漢語が持つ情報の量は、その漢語を構成する各部分の情報を足しあわせたものより、はるかに大きなものとなります。単なる和集合ではありません。同様に、漢文が持つ情報量は、各漢語の情報量を足し合わせたものより、はるかに大きなものとなります。漢字の集まり方や並び方の中にも、情報があるのです。
漢字の中には、どのような情報があるのか。そして、漢字が並ぶことで、どのような情報が表されるのか。今回のセミナーでは、その一端をお伝えしたいと思います。

参加定員

200名(申込順) *定員を超えた場合はお知らせします。

申込み/問合せ先

聴講をご希望の方は、こちら(”こくちーず”にリンク)のフォームからお申し込みいただくか、「漢籍セミナー申し込み」と明記し、氏名・連絡先(住所・電話番号・E-mailアドレス)をご記入の上、下記宛先へハガキまたはE-mailでお申し込みください。受講票(ハガキ)をお送りいたします。(2月下旬から順次発送)

京都大学人文科学研究所 附属東アジア人文情報学研究センター
〒606-8265 京都市左京区北白川東小倉町47
TEL 075-753-6997
E-mail : kanseki-tokyo@zinbun.kyoto-u.ac.jp

申込期限:3月6日(金)17:00必着

定員に達しました。

コメントする